苦手な人が多い英会話

日本人は英会話ができない人が多く、子供の頃から苦手で嫌いな科目の中に入っていたということも聞かれるでしょう。また、発音もカタカナ読みの人が多く、しゃべることを恥ずかしがる人もいます。しかし、英会話が苦手な人が多いのには、日本語と英語とで発音の仕方に違いがあるためともいわれているでしょう。

苦手な理由がわかるかも!日本語と英語の発音の仕方の違い

日本語の場合

日本語と英語では、まず音の数が違います。日本語は110個ほどとされています。また、発音してわかるでしょうが、必ず母音が入ってきます。子音だけの音という物はありません。

英語の場合

英語は、日本語よりも音の数が圧倒的に多いです。その数、2000個以上あると言われています。その音の中には、子音だけで成り立つものもあり、日本語とは全く音が違います。また、同じ「a」でもいろんな音があるので、日本人にはそれを聞き比べることが難しいのです。

綺麗な発音を身に付けよう

女子

日本人にとって英会話を習得することは簡単ではありません。しかし、絶対無理なことではないので、習うときはしっかり正しい発音で英会話ができるようになりましょう。英会話教室は、東京にたくさんあります。まずは、英語に触れることが大事なので、英会話教室に通い触れていきましょう。

英会話教室に通うメリット

大学生

英会話教室では、発音の仕方からシーンに合わせた役立つ英会話などを教えてくれます。また、ネイティブ講師がいるところでは、正しい発音を耳で聞いて慣れて、覚えていくことが可能になるので通うメリットは大きいでしょう。ただ、レッスン中すべて英会話だけとなると、初心者にとっては理解することが難しいこともあります。そうした時は、バイリンガルな日本人講師や日本語も話ながら教えてくれる外国人講師がいるところを選んでいくといいです。そうすれば、英会話が全然できない人でも安心することができます。このように、自分のレベルに合わせられるのも英会話教室の良いところです。

英会話上達に大切なこと

女子

英会話を自分のものにするには、上達させるためのコツを身に付けて、それを実践していきましょう。まず、大切なことは英語を話すことです。せっかく習っても会話をしなければ上達はできません。英会話が上手くなくても、まだ習っている段階なので気にしないでいいです。間違っているかもしれないけれど、話すことが大切なので積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。また、学んだことを吸収させるためには、続けることも重要です。

継続しやすくするためには?

授業

継続することが英会話上達に繋がるので、もしこれから英会話教室に通おうと思っているのなら通いやすい場所にある英会話教室を見つけておきましょう。遠い場所にあると通うだけで負担が大きくなり、長続きしないことがあります。できることなら、自宅から近いところや仕事帰りに寄れそうなところ。また、良く使う駅の近くなどにある英会話教室を探すと毎週通っても億劫になりにくいです。

広告募集中